エリアごとの分譲住宅を調べたい【申し込みを確認しよう】

お家

購入か賃貸か

住宅模型

自分はいくら準備できるか

千葉に住居を構える時、分譲住宅のような戸建てを購入するのがよいのか、それとも賃貸で済ませてしまうのがよいのか、悩む人は多いのではないでしょうか。ここでは、費用の観点から購入と賃貸との比較検討を行いますので、特に千葉で分譲住宅を購入する際の参考にしてみてください。まず初めに知っておくべきこと、それは買うにしろ借りるにしろ、住み続ける以上は住居費が必要だということです。その前提を把握した上で、千葉での生活に向けて自分が準備できる住宅費用を計算してみることが大切です。その際には、現在の貯蓄額も計算に入れるようにしましょう。一般的には、500万円の貯蓄がある場合で家賃10万円が支払えるようであれば、約2800万円ほどの住宅を購入することができます。もちろん、住宅ローンの借入や返済条件、諸費用といったいくつかの前提が変われば異なる結果となりますので、あくまでも目安としてください。この検討の際に覚えておいて頂きたいのは、購入後も費用がかかるということです。分譲住宅の場合はローン返済金が住宅費用とほぼイコールとなりますが、賃貸マンションの場合は管理費や修繕積立金といった費用も必要になります。一方、分譲住宅を所有した際にかかる経費としては固定資産税などの税金がありますし、各保険料も継続的に必要となる費用となります。賃貸にしろ分譲住宅の購入にしろ、このような購入後の費用も考慮した上で、千葉で自分が買える価格を把握することが大切です。